100均で調達できず、ホームセンターで購入した、ベスト工具3選!!

こんにちは、彩です。
私のDIYのモットーは「安価で気軽にトライする!」なので、
工具ももっぱら100均で調達しています。

でもそんな私が、ホームセンターで買った工具があるんです。
気軽なDIYだけだったら、必要ないけれど、結果としてDIY幅がぐっと広がった工具が3つほど。

言わば私の三種の神器ともいえる相棒みたいな、いや、頼れるお兄ちゃん的な工具
そんな工具を今回紹介したいと思います!

まずは【モンキーレンチ兄さん】

彩私物のモンキーレンチさん
最大開口35mm。ネットで1200円でした

え?何に使うの??って・・・
そうですよね。私も正直使いどころどこなの?と思ったんですよ。
この子が輝ける場所は、ズバリ 水回り !!
もう、素晴らしく輝けちゃいます。

そもそも、この子が必要になったのは
実家のキッチンの蛇口の漏れまくる水に直面して
これは単純に留めている六角形のあの子(ナットと言います)が原因なのかな?と思って
とりあえず、私の大好き100均に行ってみたんですよ。

そしたら、ダイソーさんではもちろんモンキーレンチの取り扱いはありました。
でもね…
サイズが小さかったんです。

100円~300円で数種類モンキーレンチがあるものの、
開口サイズ(ナットを挟むところ)が、20mmまでのものしかないの。

ダイソーの工具売り場で売っている、モンキーレンチ

蛇口などで使われるナットは、大体30mmなので、100均商品じゃ使えないんです。

じゃあ、逆にこの20mmのモンキーレンチってどこで使うんだろう?
という疑問はあるのですが、いまのところ私のDIY道には、
使いどころがわからないままです。

そんなこんなで、どうしても水回りをDIYしたかったので、
私はネットの海で買いました。モンキーレンチ。

意外と重量があるこの子は、いわゆるサスペンスドラマとかで「鈍器」と言われる類のものなんだろうなーとか、そんな感想を抱きつつ、
本題の、キッチン水漏れ箇所のナットを締めてみたものの、
年代がいっている母宅の水道は、いろんなところのパッキンが劣化していて、

ナットのゆるみとかそういう問題じゃなかったようで。
結果、水漏れは止まりませんでした。

そこで、そうだ、水栓ごと取り換えよう!という発想に至りました。

本格モンキーレンチの存在があったからか、そんな突拍子もないことを思いついてしまったわけですが、本来であれば、水道管回りはデリケートなので、業者にお任せしたほうがいいと思います。

だけど私は、説明書を読むのが趣味といってもいいくらい読み込むタイプの人間なのと、YouTubeのDIY動画で常日ごろ、水回り工事のイメトレをしていたわけで…。
なにより、安くDIYしたかった。

そんなわけで、思い立ったが吉日!

左・BEFORE、右・AFTER

水漏れが止まらなかった、ツーハンドルタイプの古き良き水栓は、
レバー式のワンタッチで水とお湯の切り替えができる新しい水栓に、DIY初心者である私の手によって付け替えられたのでした。
※浄水器もとりつけました。

水栓の取り付けについては、また別記事を書きたいなと思っています。

自己責任が伴うので水栓工事は万人にはおすすめできないですが、ちょっとした水漏れや、水道管のナットのゆるみが原因の故障やトラブルに活躍するモンキーレンチ。

計量タイプが扱いやすくておすすめ
狭い場所にも対応してくれる優れもの

おうちのメンテ品として、一つはあってもいいなと思います。
とても頼れる兄貴なので、しばらく私のDIYの一番の相棒でした!

続きまして、【ニッパー兄さん】

彩私物「バクマ ミニカッター200mm」
4φまで切れるものなので、3mmくらいのワイヤーネットであれば切断が可能です
価格は700~800円くらい

え?これも何に使うのって?
これはね、100均のワイヤーネット(ワイヤーラティスとも言う)をどうしても切断したい時に、普通の金属ニッパーじゃ刃がたたなくて、でもどうしても切断したかったので、ネットでポチったものです。

最近の100均では、ワイヤーネットも本当にいろいろなサイズの取り扱いがあって便利ですが、どうしてもあと数ミリ短かったらいいのに!という場面もあって…。
それって100均DIYあるあるだと思います。

でもそんな時、このニッパーさえあれば、解決します!
ちなみに、100均「セリア」で売っているアイアン系のパーツもこちらで切断できます。
ちょっとサイズが大きくても使えるようになるので、DIYの幅がぐっと広がります。
これ使ったDIYについても、そのうち記事にできればと思っています。
具体的には、シューズクロークの棚を増設、アイアンバー設置などで使いました。
意外と使う機会が多くて、買ってよかったランキング2位です。

そして、最後は【穴開けパンチ兄さん】

10年以上前、私が人形沼にはまっていた時に革細工をしていた時に購入したもの
2.5mm~4.5mmまでの穴あけパンチ

この穴開けパンチ、もしかしたら今は100均にも取り扱いがあるかもしれないです。
どこかで販売しているのを見た気がします。
が、私が購入したときは1,000円くらいでした。

これ何に使うの??(3回目)ですよね。
これはね、皮や布に2.5mm~4.5mmの丸い穴をあけられます。
2.5mmの穴もきれいに開けれるので、カシメとかね。
DIYというか、ハンドメイドでも大活躍するアイテムですよ。

DIYでは主に、カラーボードやプラダンに綺麗に穴をあけたいときに役立っています。

その他にも、ベルトの穴増やしたいよ!
というときにも使えるので、穴開けパンチは一家に一本あってもいい工具。
本当におすすめです。

以上、100均では購入できないけれどあると便利な工具さんたちでした。
そんな頻繁に使わないから、高い工具は買いたくないと思ってはいるものの、
結果的に、きちんとした工具は、その後の他の使い道もあって、DIY道のクオリティをワンランクアップ上げてくれるので、初期段階の多少の出費としてはいいかなと思っています。 とはいえ、100均で買える優秀な道具もたくさんあるので、次回はそうした道具や工具についても紹介させてください!