48歳バツイチ、賃貸やめるってよ
ー僕とルークの求めた理想の暮らしー

当時48歳バツイチ、住宅設備販売会社の営業職として活躍しているモトマツ。
離婚から数年、仕事も私生活も楽しく、身軽に動ける賃貸生活にも満足していた矢先、
ある1つの出会いが、彼の考えとその後の暮らしを大きく変えることとなった。
令和の時代を華麗に彩る、全世代注目必至の“おっさんのワンダフルライフ”が、今始まるー

記事の一覧ARTICLE