33歳フリーランス、家を買う。
ーコロナ禍で仕事は減った。それでも僕はマイホームが欲しかったー

当時33歳の独身フリーランスコピーライターのマイホーム購入ストーリー。
個人事業主として生きる楽しさや面白さ、大変さ、ツラさを、
そして、家を買うまでに何を想い、何に悩んだのかという心の動きや変化を
ふんだんかつ詳細に盛り込みながら、お伝えしていきます。

記事の一覧ARTICLE

連載:33歳フリーランス、家を買う。

33歳フリーランス家を買う

第1話 「そうだ 家、買おう。」

「吾輩はフリーランスである。妻はまだいない。でも家を買った」本連載では、そんな僕のマイホーム

#フリーランス #マイホーム

連載:33歳フリーランス、家を買う。

33歳フリーランス家を買う

第2話 「どうせならクセ物件に住みたいんじゃ!」

前回触れたように、コピーライターとしての仕事をきっかけにそうだ 家、買おう」かな~と思いつつある、僕カナモト。

#家購入 #フリーランス

連載:33歳フリーランス、家を買う。

33歳フリーランス家を買う

第3話 「念願のルーフバルコニー付き物件だけど...」

ヨコハマのルーフバルコニー付き中古マンション」探しに邁進中の僕カナモト。

#家購入 #フリーランス

連載:33歳フリーランス、家を買う。

33歳フリーランス家を買う

第4話「カナモト、サノさんに出会う。そして、運命の物件に恋する。」

いよいよ初めての内見に行くこととなった僕カナモト。

#家購入 #フリーランス

連載:33歳フリーランス、家を買う。

33歳フリーランス家を買う

第5話 「初内見。いろいろなワケに首ったけ〜。」

「築1年の木造2階建て3LDK、土地面積約70平米、建物面積約70平米、駅徒歩18分」

#家購入 #フリーランス

連載:33歳フリーランス、家を買う。

33歳フリーランス家を買う

第6話 「僕がヨコハマを愛し、ヨコハマで家を探した理由」

僕が横浜を好きだと意識し始めたのが、大学生の時のこと。同級生からも先輩からも初対面の時にことあるごとに聞かれる

#家購入 #フリーランス