住設プレスリリースPRESS RELEASE

熱帯夜のムシムシ&ベタベタを乗り切ろう!
眠りのプロが教える8つの快眠テクニック

眠る女性

パナソニック株式会社から、2021年6月、睡眠の実態を把握するため全国の20歳以上の男女548名を対象に行った調査結果が発表されました。

グラフ

約7割の人が睡眠に不満

睡眠の満足度に関する調査では、66%と7割近くの人が「全く満足度していない」「あまり満足していない」と答え、睡眠負債を抱えているという結果に。その原因について、4割超が「暑さ」と答えていました。

グラフ

一方、暑さが原因で眠れていないにも関わらず、睡眠時にエアコンを一晩中つけっぱなしにしている人は3割以下となり、つけっぱなしにしない理由として半数から「直接風が当たり冷えすぎるのが嫌だから」との回答がありました。

睡眠のプロが教える!熱帯夜の快眠マニュアル

調査結果の発表と共に、パナソニックの睡眠改善インストラクターから、夏にエアコンを上手く活用し快眠できる『熱帯夜の快眠マニュアル』が発表されました。

① エアコンは寝室に入る30分前にON、上に向けて風をあてておく

エアコン”

一般的に心地よく眠れる環境だといわれているのは、室温26~28℃。寝室に入る30分前にエアコンをONにし、上に向けて風をあてておくのが、効率よく良い睡眠環境を作るコツです。

②タイマーは設定せず、設定温度は26度~28度に

快適な寝室環境を保つには、冷房モードで設定温度を26~28℃にするか、除湿モードに。特に熱帯夜は途中で運転を停止する設定にはせずに、冷えすぎない温度で朝までつけっぱなしが◎。

③湿度は60%以下に保つ

夏場は、寝室の温度だけでなく湿度にも注意。寝室の湿度は60%以下に保つことが重要です。

④扇風機との併用使いのすすめ

室温が高くて寝入りが悪いという方は、エアコンと扇風機の併用を。表面に太い血管の通っている足首あたりに風を当てると深部体温が下がりやすく寝入りが良くなります*。 *風を長時間体に当てないでください。健康を害することがあります。

⑤寝る1時間前までにバスタブで入浴、温度は夏でも38~40℃

バスタブで入浴、温度は夏でも38~40℃

夏でも38~40℃のお風呂に、10~20分ほどつかるのがおすすめ。シャワーだけという場合は、足首・手首・首の後ろなど太い血管が通っている部分に合計5分ほど少し熱めのシャワーを当てて。

⑥リビングや浴室の照度は控えめに

入浴前には、リビングの照明をリラックスできるオレンジ色などに。夜間は目から入る光の量が減るほど、睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌されやすくなります。

⑦パジャマはゆったりとした長袖・長ズボンが理想的

しっかり汗を吸ってくれる綿やシルク製のパジャマの着用がおすすめ。全身にかく汗を吸収するためにも、夏でもゆったりとした長袖・長ズボンが理想的です。

⑧在宅勤務の人は「入眠儀式」を意識すべし

部屋着から寝間着に着替えるという『入眠儀式(ルーティン)』を行うことで、脳のスイッチを切り替えるきっかけに。部屋着と寝間着が同じでそのままベッドや布団に入るという人は、寝間着を別に用意しておくのがおすすめ。

パナソニック 睡眠改善インストラクター 菊地 真由美

家電を使って睡眠環境を向上させるため、より専門的な知識を得たいと睡眠改善インストラクター(日本睡眠改善協議会認定)の資格を取得。「快眠環境サポートサービス」を立ち上げる。

【「睡眠に関する実態調査」概要】

調査地域:全国
調査期間:2021年6月21日
調査方法:インターネット調査(協力:ジャストシステム)
調査対象:20歳以上の男女
有効回答:548名

同じカテゴリの記事RELATED POST