住設プレスリリースPRESS RELEASE

手をかざすだけで水の出し止めがラクラク操作♪
リクシルの「ナビッシュ」が累計販売50万台を突破!

株式会社LIXIL(リクシル)のキッチン用タッチレス水栓「ナビッシュ」が、コロナ禍の中、注目を集めています。2005年に発売された初代モデル以来、2021年7月12日時点で累計販売台数50万台を突破したと発表されました。

グラフ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、自宅で過ごす時間がこれまで以上に増加。おうち時間を快適・健康・安心・安全に過ごすための重要なキーワードの一つとなっているのが“非接触”です。そんな“非接触”のニーズに応える住宅設備機器が、LIXIL(リクシル)株式会社から発売されている、キッチン用タッチレス水栓の「ナビッシュ」。

2020年度における「ナビッシュ」の売上が前年比 176%になったことからも、ニューノーマル対応への生活者の関心の高さを窺い知ることができます。「ナビッシュ」はセンサーに手をかざすだけで吐水/止水ができ、汚れた手でも水栓に触らずにラクラク操作できるのが魅力ですが、さらに詳しい特長についてご紹介します。

「ナビッシュ」の特長

① タッチレススイッチ式

溜め水やかけ流しをしたいときは、上部のセンサーに手をかざせば連続吐水が可能。水を止めるときはもう一度センサーに手をかざせばOKです。また、ハンドシャワータイプでホースも引き出せます。

グラフ

② ビルトイン型浄水器/カートリッジ交換お知らせ機能付き(A6、B6、A10タイプ)

ナビッシュは、高性能ビルトイン型浄水器。カートリッジの交換時期が近づくと水栓センサー部分に「交換」のお知らせが表示されます。

グラフ

③ 適温が一目でわかるルミナスサイン付き(A5~A10タイプ)

吐水温度を光の色の変化で表示するルミナスサイン。一目で適温かどうかがわかるので、冬の湯待ちの煩わしさが軽減され、高温吐水時の危険表示にもなります。

グラフ

④ 節水・省エネで環境にも配慮

こまめに水の出し止めができるので、通常のシングルレバー混合水栓に比べて1台あたり年間約30%(※)の節水・省エネを実現。また累計における環境配慮(節水)試算効果は、約61,000世帯の方の1年間利用する水の量と同等とされています。(※)ナビッシュハンズフリー水栓の場合

「ナビッシュ」利用者の声

『子どもが小さいのでキッチンで手を洗うことも多く、楽しく手洗いができて、節水にもなるので我が家では大助かりです!』

『夫婦共に在宅ワークになり、自炊の機会も増えました。魚をさばいたりお肉をこねたりするとき、汚れた手で水栓に触れなくてよいので、水まわりを清潔に保てます』

『泡のままハンドルを触らずに水仕事ができるのがとてもいい!』

コロナ禍によって、これまで以上に衛生面に多くの関心が寄せられるようになり、「非接触=タッチレス」が新しい日常のキーワードとなっています。手を触れることなく水を出したり止めたりできるタッチレス水栓は、キッチンの清潔と利便性を向上させる1つの選択肢になりそうです。

LIXILグローバルサイト:https://www.lixil.com/jp/

同じカテゴリの記事RELATED POST