住設プレスリリースPRESS RELEASE

もしガウディが最先端3Dプリンティング技術に出逢ったら!?
YKK APの展示「未来をひらく窓―Gaudí Meets 3D Printing」開催中!

YKK AP株式会社による一般展示「未来をひらく窓―Gaudí Meets 3D Printing」が、2021年10月15日(金)から11月3日(水・祝)まで東京ミッドタウンで開催。

YKK APの展示「未来をひらく窓―Gaudí Meets 3D Printing」開催中!

世界的に著名な建築家アントニ・ガウディの自由形状の窓に着想を得て、世界遺産「カサ・バトリョ」や「カサ・ミラ」などのガウディ建築の協力のもと、YKK APとクリエイターや大学、企業が共創。自然環境と呼応する様々な機能や造形を持つ、最新3Dプリンティング技術でつくる新しい窓のプロトタイプデザインが展示されています。

ガウディの窓に着想を得て、3Dプリンティング技術でつくる未来の窓

この展示で着目されているのは、ガウディの建築思想や多様な素材・造形の窓に着想を得て導き出された、自然の光、風、音という要素。複数の3D技術を用いて共創された、光をテーマにした「太陽と月の窓」、風をテーマにした「風が巡る窓」、音をテーマにした「音の窓」の3種類の窓のプロトタイプデザインが展示されています。

世界遺産建築「カサ・バトリョ」の窓を3D技術で縮小再現 Meets 3D Printing

世界遺産建築「カサ・バトリョ」の窓を3D技術で縮小再現

ガウディ建築群の特別協力のもと、YKK APとガウディ研究者の東京工芸大学准教授・山村健氏によって行われたガウディの窓・開口部の研究の一部が公開されます。特に、最新3D技術を用いて実現された、実物が3mを超える「カサ・バトリョ」の特徴的な窓の縮小再現は必見。

ガウディの窓と3Dプリンティング技術についてわかりやすく紹介

ガウディの窓と3Dプリンティング技術についてわかりやすく紹介

東京2020オリンピック表彰台3Dプリント設計統括者として知られる慶應義塾大学教授・田中浩也氏が、3Dプリンティングの概要、歴史、建築との関係性など、3Dプリンティングを取り巻く技術の全体像や、展示の位置づけを解説。3Dプリンティング技術の活用の可能性とガウディのものづくり精神の類似性にも触れながら、初めて3Dプリンティングを知る人にもわかりやすく紹介されています。

著名建築家が“未来の窓”を語るインタビューと、共創プロセス映像の公開

著名建築家が“未来の窓”を語るインタビューと、共創プロセス映像の公開

3Dプリンティング技術の活用で、素材、構造、機能、デザインなど、窓がより自由につくれる未来がきたらどんな窓をデザインするか――隈研吾氏や藤本壮介氏など、最前線で活躍する建築家が語る、ガウディ観や未来の窓・開口部についてのインタビュー。さらに、それぞれが考える“未来の窓”を描く貴重なフリードローイング映像も公開されています。著名建築家によるインタビュー映像は特設サイトでも公開中です。

隈研吾氏や藤本壮介氏など

この展示は、「ガウディが現代の最先端3Dプリンティング技術に出逢ったら」という視点で、過去の良質なデザインを未来に生かしていく取り組みでもあるそうです。展示を見ながら、「ガウディなら最先端技術でどんな窓をつくるのだろうか」と思いを馳せるのも楽しそうですね。

<展示概要>
展示名:未来をひらく窓―Gaudí Meets 3D Printing
会期:2021年10月15日(金)~11月3日(水・祝)20日間
時間:11:00~21:00 (※会場の休業・営業時間短縮時はそれに準ずる)
会場:東京ミッドタウン ガレリア B1 アトリウム(東京・六本木)
入場料:無料(予約不要)
主催・企画:YKK AP株式会社

特設サイト:https://www.ykkap.co.jp/consumer/satellite/sp/window-future/

同じカテゴリの記事RELATED POST