住設プレスリリースPRESS RELEASE

トイレあるある&ほっこりエピソードがいっぱい!
力作揃いのTOTO第17回「トイレ川柳」!受賞作品に選ばれたのは?

YKK APの展示「未来をひらく窓―Gaudí Meets 3D Printing」開催中!

TOTO株式会社による第17回「トイレ川柳」では、2021年6月21日~8月23日で、トイレにまつわる川柳を募集。35,307句の応募のなかから、第1回目より「トイレ川柳」の審査員を務めている、仲畑貴志氏による選考の結果、ネオレスト賞(最優秀賞)「トイレから 立ち上がるまた 生きていく」(だら子さん)など、下記の各賞で受賞者が発表されました。

TOTO株式会社による第17回「トイレ川柳」の結果
TOTO株式会社による第17回「トイレ川柳」②
TOTO株式会社による第17回「トイレ川柳」③
TOTO株式会社による第17回「トイレ川柳」④

トイレ川柳とは……

2005年、ウォシュレット® 2千万台突破を記念してスタートしたTOTO株式会社が開催する「トイレ川柳」。自宅や勤め先、街中のトイレなどでの面白話、失敗談、トイレにまつわるエピソードや想いを川柳形式で募集。入賞句はトイレットペーパーに印刷され、トイレットペーパー型の川柳集として、11月10日のトイレの日に発行されます。

審査員は日本を代表するコピーライターの一人であり、初代ウォシュレット®の発売キャンペーン広告「おしりだって、 洗ってほしい。」のコピーを担当した仲畑貴志氏。毎日新聞連載の川柳コーナーの選者としても知られています。今年で17回目を迎えたトイレ川柳は、毎年子どもから大人まで幅広い年代から応募が集まり、計17回での累計応募総数はなんと約45万句にものぼるそう。

日々の中で、「トイレ」が日常のホッとする場所になっていたり、一人になれる身近な場所として映し出された句が多く、様々な生活シーンを「トイレ川柳」に投影した多彩な表現にも注目してみてください。

受賞20句(佳作以外)については、トイレットペーパー型川柳集『第17回トイレ川柳大賞』(予定価格:税込¥350)に掲載され、2021年11月10日(いいトイレの日)に、TOTO出版より発行予定です。

TOTO株式会社:https://jp.toto.com/

同じカテゴリの記事RELATED POST