スムタノひろば

なかじみほさん

投稿日時:2021/7/30

回答済み

専門家からの回答数:1

いちばん掃除しやすいトイレはどのタイプですか?

トイレの買い替えを検討しています。

タンクの有り無しなど色々なタイプのものがあり決めかねていますが、一番掃除しやすいものはどれでしょう?

家族が多く、使用頻度も高いことからすぐに汚れが目立ち、掃除の頻度が高いので正直くたびれています……。(便器内もですが、まめピカなどで周辺を拭く掃除をすることが多いです)できれば具体的な機種も知りたいです。

専門家からの回答

スムタノひろば

アドバイザー
井口

回答日時:2021/7/30

お掃除がしやすいトイレは「タンクレストイレ」です。主な理由は3つあります。

  • ①タンクがないのでお掃除をする箇所が減る、タンクの結露や手洗いの水ハネがなくなる
  • ②凹凸の少ないデザインが多いので、拭きやすい
  • ③トイレの種類の中ではハイグレード商品にあたるため、防汚機能や脱臭機能、清潔機能が充実している

便座一体型トイレ・便器+便座の組み合わせトイレでも、便座機能を高グレードタイプで選択すれば、タンクレストイレと同等機能を持つ商品もありますが、コンパクトさ、凹凸の少なさはダントツでタンクレストイレです。 メーカーごとのお掃除のしやすさの特長的な機能を一部ご紹介します。(搭載機種の表記はタンクレストイレに絞っています。)

■TOTO:クリーン便座・クリーンノズル・クリーンケース(ネオレストAH・RH・DHタイプに搭載)
便座、ノズル、ケース(ノズルが収納される場所)には、撥水性のあるクリーン樹脂を採用。汚れをはじき、お手入れはサッと拭くだけ。クリーン便座はつぎ目もないので、スキマに汚れが溜まることもありません。

TOTO:クリーン便座・クリーンノズル・クリーンケース

■LIXIL:電動お掃除リフトアップ(サティスG・Sタイプに搭載)
ボタン一つで便座部分が真上にあがり、便器との間に約5cmのお掃除空間を確保。お手入れのしにくいスキマをしっかりとラクにお掃除することができます。

LIXIL:電動お掃除リフトアップ(サティスG・Sタイプに搭載

■Panasonic:スキマレス設計(アラウーノL150シリーズ、S160シリーズに搭載)
掃除が面倒だった便器と便座のスキマがないので、サッと拭くだけ!とてもストレスフリーな構造です!また、便座の継ぎ目もないので、継ぎ目の溝から楊枝などを使って汚れを掻き出す必要もなく、お手入れが簡単です。

Panasonic:スキマレス設計

Share

スムタノひろば
スムタノひろば

Tag

#トイレ

#タンクレストイレ