01田中さん宅トイレ・ランドリー編

記念すべき第一回目のお家は、旦那さんのご実家の2階を「二世帯住宅」にリノベーションして暮らす田中さんのご自宅です。ブルーグレーを基調としたおしゃれな空間には随所にこだわりがいっぱい。家づくりのこだわり、そして、日々のなかで大切にしていることもお聞きしました!

記念すべき第一回目のお家は、旦那さんのご実家の2階を「二世帯住宅」にリノベーションして暮らす田中さんのご自宅です。ブルーグレーを基調としたおしゃれな空間には随所にこだわりがいっぱい。家づくりのこだわり、そして、日々のなかで大切にしていることもお聞きしました!

細部にまで宿る“こだわり”は、トイレにも!

今回はトイレも覗かせていただきました。田中さんが選んだのは、TOTOのタンクレストイレ「ネオレスト」。

こちらは二世帯住宅の1階に住んでいるお母さまから「トイレはTOTO!」というアドバイスをもらって、選んだのだそう。予算内であるということはもちろん、掃除のしやすさなどが決め手になったといいます。

トイレと洗面室に距離があるため、トイレ内に手洗い器を設置しています。

手洗い器の下は棚になっているタイプが一般的ですが、剥き出しのタイプを選択。キッチンや洗面室と同様「物を増やさない」「物を置かない」ように、あえて棚は作らなかったのだとか。

タオルをかけているタオルフック、そして、トイレットペーパーホルダーはどちらも“施主支給”。施主支給とは、住宅設備などを自分自身で用意し、建築会社(ハウスメーカーや工務店)に支給し、施工してもらうこと。タオルフックは、ふたつに折りたたんで使う一般的なタオルフックと比べて乾くのも早く、清潔に使えそうです。

そして、思わず目を奪われたのがこちら! トイレットペーパーを収納した姿はまるで雲のようなGenerate Designのクラウドコンクリートトイレットペーパーホルダー。建築会社から提案された棚ではなく、こちらも田中さん自身が用意した“施主支給”のひとつです。 シンプルだけれど、トイレのアクセントになっています。

ちょっとレトロなトイレのスイッチは「パチッ」という音も心地よく、愛着が沸きそうです。

トイレの奥にはランドリースペース。

今はまだ整理中とのことでしたが、天気が良くない日に部屋干しをするには十分な広さです。ゆくゆくはアイロン台を購入して、ここでアイロンをかけたり、取り込んだ洗濯物を畳んだりする予定なのだとか。

二世帯住宅にリノベーションする前、この空間はなんと吹き抜けでした。

吹き抜けを残すという案もあったそうですが、生活リズムが違う1階に住むお母さまと田中さんご夫婦互いに気を遣わないように…と吹き抜けはなくすことに。そんなお互いを思いやる気持ちから生まれたのがこのランドリースペースなのです。