04山本さん宅生活編

今回お邪魔したのは神奈川県・逗子にある山本千晶さんのお宅。山本さんは逗子駅から徒歩数分の場所にある雑貨店「zuhka(ズーカ)」の店主でもあります。お店とは異なるインテリアでまとめられた「好きなもの」が凝縮されたご自宅と合わせて、お店「zuhka」の様子もご紹介します。

今回お邪魔したのは神奈川県・逗子にある山本千晶さんのお宅。山本さんは逗子駅から徒歩数分の場所にある雑貨店「zuhka(ズーカ)」の店主でもあります。お店とは異なるインテリアでまとめられた「好きなもの」が凝縮されたご自宅と合わせて、お店「zuhka」の様子もご紹介します。

絶妙な生活感を残しつつ、隠し技が効いたメリハリある空間

都内から逗子に移り住んだ、センスあふれる山本さんご夫婦のご自宅をご紹介している『ステキ暮らしvol.4』ですが、今回は、洗面やトイレ、玄関など、生活に欠かせない場所にも潜入させていただきました!

山本さん宅の様子①

まずは、トイレ。

リビングはスカイブルー、キッチンはレモンイエローと1面ずつ違う色使いの壁が印象的な山本さん宅ですが、トイレの壁は一面だけグレーが塗られていました。清潔感がありながらも、シックで落ち着ける空間です。

上部には突っ張り棒で、収納場所を確保。アルミ容器に必要なものを入れてしまえば、生活感も隠せます。

山本さん宅の様子②

トイレは掃除のしやすさで選んだそうですが、使い始めて便利だと気づいた機能が、手洗いの水を出し止めできるボタンがあること。

トイレの手洗い水は自動的に流れ、一定時間で止まるものがほとんどですが、こちらは自分で調整できるので、手洗いはもちろん、掃除のときにも重宝しているそう。

山本さん宅の様子③ 山本さん宅の様子③

続いて見せていただいたのが洗面室です。 洗面台は木目調、そして洗面ボウルはホワイトと、スッキリとしたあつらえ。鏡は雑貨屋さんで山本さんが一目惚れしたもの。

バスケットなど収納雑貨がここでも大活躍。さらに、キッチンで使用していた物隠しクロスの技も発見。山本さん宅は、収納スペースに扉なしがほとんど。それでもゴチャついて見えないのは、バスケットやボックスなどの収納雑貨が好きだという、山本さんの成せる技なのかもしれません。

山本さん宅の様子④

こちらは玄関を入ってすぐ左にあるシューズクローゼット。ワインレッドの壁がワンポイントになっています

シューズクローゼットも扉のない仕様です。来客時には目隠しができるように、突っ張り棒とカーテンが。扉がない分、ギリギリまで靴を置く事ができ、湿気がこもらないので機能面もとっても良さそうです。

山本さん宅の様子⑤

山本さんのマンションには、門扉とドアまでの間に広めのスペースあり。室内には置きにくい自転車や野外で使うものなどを置いておくのにとっても便利そう!

山本さん宅の様子⑤

山本さん宅の生活スペースはいかがだったでしょうか?

生活感をきちんと残しながら、隠すところは隠す、というメリハリある空間。生活スペースなのに、どこを切り取っても絵になる場所ばかりでした。

次回の#4 【くらし編】では、食器使いや、家に花や植物を取り入れる技などもご紹介します。そして、秘密の小部屋(!!)にもご案内します。お見逃しなく!

この記事を書いた中の人

秋定美帆

広告代理店、雑誌編集部を経て2017年よりフリーランスライターに。雑誌やフリーマガジン、webサイトなどで衣食住(特に食住!)に関わる原稿を数多く執筆中。

同じカテゴリの記事RELATED POST

全5話