04山本さん宅暮らし編

今回お邪魔したのは神奈川県・逗子にある山本千晶さんのお宅。山本さんは逗子駅から徒歩数分の場所にある雑貨店「zuhka(ズーカ)」の店主でもあります。お店とは異なるインテリアでまとめられた「好きなもの」が凝縮されたご自宅と合わせて、お店「zuhka」の様子もご紹介します。

今回お邪魔したのは神奈川県・逗子にある山本千晶さんのお宅。山本さんは逗子駅から徒歩数分の場所にある雑貨店「zuhka(ズーカ)」の店主でもあります。お店とは異なるインテリアでまとめられた「好きなもの」が凝縮されたご自宅と合わせて、お店「zuhka」の様子もご紹介します。

お花に食器、秘密の小部屋。毎日の暮らしを楽しく彩るものたち

前回までの連載で、リビング、キッチン、そして生活に欠かせない水回りや玄関などをご紹介してきました。今回は山本さんご夫婦の“暮らし”に焦点を当てた記事をお届けします。

まずは、“秘密の小部屋(!!)”をご案内。 なんと山本さん宅には“秘密の小部屋”があるのです!

山本さん宅の様子①

目を惹かれるホワイト(左)とネイビー(右奥)のドアは、それぞれアンティークのもの。ネイビーのドアは玄関からリビングに続きます。そして左のホワイトを開けると…!!

山本さん宅の様子②

そこには秘密の小部屋が出現。

この3.5畳ほどのスペースは旦那さまのワーキングスペース。グリーンの壁は、旦那さまチョイス。暮らしに欠かせない“お仕事部屋”。こんな空間があったら仕事も捗りそう、そして毎日楽しく過ごせそうですね。

そして「暮らし」といえば「食」!何より大切という方も多いのではないでしょうか?

今回は山本さんのランチタイムにもお邪魔させていただきました!

山本さん宅の様子③

この日は近所にある、お気に入りのデリ店で、惣菜を数種テイクアウト。惣菜の彩りの良さはもちろん、器使いがとっても素敵!

山本さん宅の様子④

山本さんが選ぶ器は、ほとんどが作家さんのもの。「ほぼ同じ器を買うことはない」と言います。

器を買うときは家族の人数分買うという方も多いと思いますが、山本さんのテーブルコーディネートを見れば、案外全部異なる器もありかも!と思えるかもしれません。違う色、異なるデザインでも、全体がまとまって見えるのは、山本さんが「大好き!」と思って選ぶものだから。

山本さんが器を選ぶ基準は作り手の温度が感じられるもの、使い勝手よりも手に持ったときにウキウキすること、自分たちに馴染むサイズであること…などだそうです。

大切に使用していても、ついうっかり器を割ってしまうことも…。同じ器で家族の人数分を揃えていると、一枚割ったことで、残りの皿をテーブルに出しづらくなってしまいます。でも、一枚ずつ異なる器ならそんなこともなくなります。大切に長く使いたいからこそ、「器は一つずつ持つ」というのも大切なポイントになるのかもしれません。

山本さん宅の様子⑤ 山本さん宅の様子⑤

そして、部屋の各所に飾られているのが花や植物です。それに合わせたフラワーベース使いにも注目です。

個性的なフラワーベースは、それ単体だけでも十分オシャレな佇まいですが、やはり花を飾ってこそ!その良さがさらに引き立ちます。

山本さん宅の様子⑤

ドライフラワーは上から吊り下げて飾るのが山本さん流。生花もドライフラワーも暮らしを彩る大切なもの。部屋には清々しい空気が漂っていましたが、その理由の一つが“お花を飾ること”かもしれません。

「今日から我が家にも花を飾ろう!」そう心に誓い、山本さんのお家を後にしました。そして、向かった先が、山本さんがオーナーを務める雑貨店「zuhka(ズーカ) 」です。

次回は、素敵な店内の様子をたっぷりとご紹介します。ぜひお楽しみに!

この記事を書いた中の人

秋定美帆

広告代理店、雑誌編集部を経て2017年よりフリーランスライターに。雑誌やフリーマガジン、webサイトなどで衣食住(特に食住!)に関わる原稿を数多く執筆中。

同じカテゴリの記事RELATED POST

全5話